月500円で楽々ダイエット、ワンコインフィットネスはこちらをクリック

安全、安心ダイエットが健康への道。

増え続ける糖尿病

糖尿病が強く疑われる成人男女が約950万人に(厚生労働省の「2012年国民健康・栄養調査結果」)なり、5年前より60万人増えました。
糖尿病の大きな原因が運動不足と過食による肥満が原因です。肥満の程度が高くなるほど、糖尿病や動脈硬化症など、さまざまな生活習慣病になりやすくなります。

画像の説明


肥満傾向の子供の増加

文部科学省の調査(平成20年度学校保健統計調査)によると、ここ30年の間、肥満傾向のこどもは2~3倍に増えており、9~17歳の男の子の10人に1人は肥満であるとの数字が出ています。
2型糖尿病は、これまでは主に成人に発症する病気と考えられてきました。
しかし、近年、子どもを取り巻く生活環境やライフスタイルが急激に変化したことにより、子どもにも2型糖尿病も増えてきています。

画像の説明


運動不足と食習慣の乱れ

前述したように肥満になると、糖尿病が発症する可能性は非常に高くなるわけです。肥満の原因は、①運動不足②食生活の乱れです。肥満になったまま、糖尿病と知らずに放置しておくと、本当に怖い糖尿病の合併症を発症します。

糖尿病の三大合併症

糖尿病による目の病気(糖尿病性網膜症)や腎臓の病気(糖尿病性腎症)に、 糖尿病による手足のしびれなど末梢神経の病気(糖尿病性神経障害)を加えた三つが糖尿病の三大合併症とです。

画像の説明

画像の説明

体重減少から始める

糖尿病の治療の最大の目的は、インスリンの感受性(効き目)を回復させ、正常な血糖状態にすることです。
それには、まず、体重を減らすことです。

運動療法と食事療法

減量は、食事療法と運動療法の組み合わせで行う方法が無理なく、効果的です。食事療法で摂取エネルギーを制限し、運動療法で代謝を改善して、太りにくい体質に変えていくのです。

一体どうやって継続していくか?

食事療法は管理栄養士がいる糖尿病専門医が指導してくれます。しかし運動は指導してくれるとこのが殆どないのが現状です。ましてや、糖尿病患者さんは運動習慣がないので病気になったのです。今更、自主的に運動をするというのは、とても無理があります。日本ファミトレ協会でも糖尿病患者さんに体操指導してきましたが、みなさん殆ど運動習慣がありません。

運動習慣のない人が運動を継続できる方法があります。

体操動画の毎日配信サービス

2〜3分の体操動画が毎日メールで配信されるサービスを始めました。利用料金は1ヶ月ワンコイン(500円)です。体操動画が毎日メールで配信される全く新しいサービスです。

日本中から運動不足をなくす

taiso2 (1)

子供たちへの指導、大盛り上がり

taiso3 (1)

体操指導の様子

taiso1 (1)

体操教室は大人気です。

医療機関で検証

平成27年1月〜3月、日本ファミトレ協会では名古屋市緑区の高橋ファミリークリニックの協力を得て、体操の健康に対する影響を調査しました。
30〜60歳の糖尿病の患者さんに40人に対して、2〜3分の簡単な体操のやり方を指導しました。

体重の減少

40人の被験者のうち毎日2〜3分の軽い体操を3ヶ月間継続した人が23人おり、そのうち18人の体重が減少しました。平均は1.5kgで最も減った人は-5.1kg減少しました。

ヘモグロビンA1cが減少

同じく毎日2〜3分の軽い体操を毎日2回3ヶ月間継続した人は23人、平均して-0.2ヘモグロビンA1cが下がりました。

この内容は平成28年に学会で発表する予定です。

2〜3分の軽い体操を1日に2〜3回やることは、身体に良い結果を及ぼすことがわかりました。現在も別の実験で体操の効果を確認中です。

体操プログラムの配信

医療機関での結果を受けて、日本ファミトレ協会では毎日運動を継続できるシステムを検討しました。その結果誕生したのがワンコインフィットネスです。
2〜3分のストレッチ中心の体操動画を毎日メールで配信。
価格は1ヶ月ワンコイン(500円)です。